「お母」笑ってほしい 秋田市河辺、母の日で絵手紙展示

会員向け記事
お気に入りに登録

大石さんが母コトヱ子さんに宛てた絵手紙


 「お母~見れみれ 茶柱たったど~ 何がええごどあるべょん」

 湯気が立つ湯飲みに茶柱が立つほのぼのした絵に、語り掛けるような秋田弁が並ぶ。秋田市河辺の大石清美さん(72)が毎週、五城目町の介護施設に入所する母のコトヱ子さん(94)に描いている絵手紙の一つだ。

 9日の母の日に合わせ、これまで描いた50点のカラーコピーを河辺のJR和田駅横にある河辺農産物直売所「フレッシュランドまごころ」の売り場に展示している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 532 文字 / 残り 327 文字)

展示場所はこちら

秋田の最新ニュース