見た目も音色も柔らかく 潟上市、美大生がピアノに絵

会員向け記事
お気に入りに登録

絵の完成を記念し屋外で開いたリレーコンサート

 秋田県潟上市の天王グリーンランドに設置され、誰でも自由に演奏を楽しめる「ストリートピアノ」にオリジナルの絵が施された。市の鳥であるシラサギとキジがアニメのような柔らかいタッチで描かれ、より親しみやすいピアノに生まれ変わった。

 ピアノは2019年に秋田市のむつみ造園土木が寄贈したアップライト型。グリーンランドのスカイタワー1階に置き、地元のまちづくり団体「チームカタガミカルチャー2020」(千田浩太実行委員長)が管理している。

 絵付けしたのは、同団体の募集に応じた秋田公立美術大2年の大内七海さん(19)=茨城県出身。ピアノの管理に協力している今村書店音楽教室(五城目町)の生徒から希望を聞いて絵柄を決め、ペンキで下地を塗り、アクリル絵の具で絵柄を描いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 790 文字 / 残り 460 文字)

秋田の最新ニュース