大館27度、鷹巣26度 県内13地点で今年初の夏日

会員向け記事
お気に入りに登録

今年初の夏日となった北秋田市。県立北欧の杜公園では池で遊ぶ親子らの姿が見られた


 秋田県内は7日、高気圧に覆われ、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で気温が上昇し、大館市や北秋田市など13地点で最高気温が今年初めて25度以上の夏日となった。

 秋田地方気象台によると、最高気温は大館市27・4度、北秋田市鷹巣26・2度、由利本荘市東由利と横手市で26・0度など。秋田市は25・0度だった。それぞれ平年より8・5~3・1度高かった。全26観測地点のうち24地点で今年最高となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 328 文字 / 残り 131 文字)