竜電、指針抵触で夏場所休場 師匠の判断、詳細調査中

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
竜電
竜電

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は7日、大相撲夏場所(9日初日・両国国技館)を初日から休場する東前頭14枚目の竜電(30)=本名渡辺裕樹、山梨県出身、高田川部屋=について、新型コロナウイルス感染防止のガイドラインに抵触する行為があったと明かした。

 詳細は調査中として「処分対象となる可能性があるので、師匠(高田川親方=元関脇安芸乃島)の判断で休ませますということ」と説明した。

 昨年の7月場所では当時幕内の阿炎(現幕下)が場所前と場所中に外出して会食し、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を受けた。