五輪日本選手団へ無償ワクチン 首相、6月めど一般接種に意欲

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
緊急事態宣言を月末まで延長し、4都府県に愛知、福岡両県を追加することを決め、記者会見する菅首相=7日午後7時1分、首相官邸
緊急事態宣言を月末まで延長し、4都府県に愛知、福岡両県を追加することを決め、記者会見する菅首相=7日午後7時1分、首相官邸

 菅義偉首相は7日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックで各国・地域の選手団に無償提供される米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンに関し「日本の選手団にも接種する方向になるだろう」と述べた。一般向けの接種については「6月中をめどに、高齢者接種の見通しがついた市町村から、基礎疾患のある方を含め接種を開始したい」との意欲を示した。

 選手団向けにワクチンの無償提供が決まったことについて「安心、安全の大会に大きく貢献する」と強調した。滞在中の選手や大会関係者と一般国民が接触しない仕組みを構築し、選手への検査も徹底して選手、国民の命と健康を守ると表明した。