ワクチン、2億5千万回分供給へ 厚労省、米3社と協議

お気に入りに登録

 厚生労働省は7日、米ファイザー、米モデルナ、米バイオテクノロジー企業ノババックスの3社と、新型コロナウイルスワクチン合計2億5千万回分の供給を新たに受ける方向で協議を進めていると明らかにした。詳細な条件がまとまれば正式に契約する。

 3社とも接種回数は2回で、1億2500万人分に相当する。このうちモデルナ製とノババックス製の計2億回分は、来年に再び接種が必要になった場合に備えて確保を目指す。

 ファイザー製は、5千万回分の供給を7~9月に受ける想定。モデルナ製とノババックス製は、来年初頭からそれぞれ5千万回分と1億5千万回分の供給を受ける方向で協議している。