五輪代表の小野祐佳「メダル取りたい」 カヌー・スプリント

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 カヌー・スプリントで東京五輪代表に決まった小野祐佳(30)=秋田県スポーツ協会、本荘高―筑波大出=が、6日のアジア予選を兼ねたアジア選手権(タイ・パタヤ)を振り返り、「今までで一番いいレース。練習の成果を出せた」と喜んだ。

 日本カヌー連盟がレース後のコメントを発表した。小野は女子カヤックシングル200メートルで2位となり、出場枠を獲得して初めて五輪代表の座をつかんだ。1位のカザフスタンは5日の女子カヤック種目で出場枠を得たため、規定により2位の日本に枠がもたらされた。日本連盟の選考基準で、枠を獲得した選手が五輪代表になる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 686 文字 / 残り 421 文字)

同じジャンルのニュース