春の味覚がずらり 「夢・なるせ直売所」今季の営業開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
山菜など春の味覚が並ぶ夢・なるせ直売所
山菜など春の味覚が並ぶ夢・なるせ直売所

 昨年11月下旬から冬季休業していた秋田県東成瀬村岩井川の「夢・なるせ直売所」が7日、今季の営業を始めた。棚には山菜がずらりと並び、春の味覚を求めて村民らが買い物に訪れた。

 村の農事組合法人「なるせ加工研究会」(谷藤トモ子代表理事)が運営。シドケやタラノメ、ウド、ホンナなどの山菜のほか、タマネギやニンジン、いぶりがっこも並んだ。直売所の前で開店を待つ客の姿もあった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 447 文字 / 残り 263 文字)

イベントニュース