ハピネッツ6連敗で今季終了 千葉に70-98

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田-千葉】第2クォーター、レイアップシュートする秋田の中山=ナイスアリーナ
【秋田-千葉】第2クォーター、レイアップシュートする秋田の中山=ナイスアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は8日、各地で4試合を行った。新型コロナウイルスの影響で延期されていた第31節、秋田ノーザンハピネッツは秋田県由利本荘市のナイスアリーナで千葉と対戦。前半からの劣勢を覆せず、70―98で6連敗となり、通算28勝31敗の東地区7位で2020~21年シーズンを終えた。28勝はチームのB1最多勝ち数。レギュラーシーズンは60試合が組まれていたが、新型コロナの影響で秋田は1試合が中止となった。

秋田 70―98 千葉
  (19―27)
  ( 9―15)
  (23―29)
  (19―27)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 475 文字 / 残り 213 文字)

秋田の最新ニュース