全県へ新たに6校 春季高校野球地区大会

会員向け記事
お気に入りに登録

 春季高校野球地区大会は8日、3地区で代表決定戦を行い、県北は大館桂桜と能代松陽、中央は本荘と秋田南、県南は大曲工と横手が県大会(14~17、22、23日・こまちスタジアムほか)の出場権を得た。

 9日は3地区で決勝、中央と県南で代表決定戦各1試合を実施し県大会出場校が出そろう。決勝の対戦カードは県北が秋田北鷹―大館鳳鳴(午前10時・能代球場)、中央が明桜―由利(午後1時・こまちスタジアム)、県南が湯沢翔北―角館(同・グリーンスタジアムよこて)。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 402 文字 / 残り 178 文字)

同じジャンルのニュース