秋田市新型コロナ、5月だけで105人 保育園でクラスター

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市と県は8日、新たに10歳未満から80代の男女23人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症者はいない。市は新たに市内の保育園でクラスター(感染者集団)が発生したと認定。穂積志市長は市内全ての保育園や幼稚園、こども園などの職員約3300人に抗原検査キットを配る方針を明らかにした。県内の累計感染者数は581人。

 秋田市の感染者は19人。保育園男児、10歳未満の小学校女児のほか、20代男女5人、30代男女3人、40代女性、50代男性、60代男女5人、70代女性、80代女性。このうち川反・大町地区関連は4人。

 秋田市では連日二桁の感染者を記録。5月1日以降発表されたのは105人に上り、月別で過去最多となった4月公表分の99人を既に上回った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 777 文字 / 残り 450 文字)

秋田の最新ニュース