スーパーリーグ撤退クラブが寄付 欧州サッカー連盟通じ約20億円

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
欧州サッカー連盟(UEFA)のロゴ(左下)と欧州スーパーリーグのイメージ写真(ロイター=共同)
欧州サッカー連盟(UEFA)のロゴ(左下)と欧州スーパーリーグのイメージ写真(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】欧州サッカー連盟(UEFA)は7日、欧州スーパーリーグ構想から撤退を表明した9クラブが今後もUEFA主催大会に参加することに合意し、合計1500万ユーロ(約19億8千万円)を寄付すると発表した。各地で草の根活動に使われる。UEFA大会で得る1シーズンの収入は5%削減される。

 新リーグ構想を断念していないレアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスには別の処分を検討する。AP通信によると欧州CL出場禁止の可能性もある。

 スーパーリーグは強豪12クラブが創設に合意したが、マンチェスター・ユナイテッドなど6クラブをはじめ大半がすぐに撤退した。