柔道、GS大会選手団に陽性者 ロシアから帰国、隔離療養

お気に入りに登録

 全日本柔道連盟は8日、ロシアで行われたグランドスラム(GS)カザン大会の日本選手団の帰国者1人が、7日の帰国時に羽田空港で受けた新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。検疫所長の指定する宿泊施設で隔離療養となった。