照ノ富士ら4大関の活躍に期待 2年ぶり夏場所、9日開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京・両国国技館で行われた大相撲夏場所の土俵祭り。奥中央は八角理事長=8日
東京・両国国技館で行われた大相撲夏場所の土俵祭り。奥中央は八角理事長=8日

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止だった大相撲夏場所が9日に東京・両国国技館で始まる。3月に右膝の手術を受けた一人横綱の白鵬は6場所連続休場。先場所優勝で21場所ぶりに復帰の照ノ富士ら4大関の活躍が期待される。8日は国技館で土俵祭りが行われ、八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して15日間の安全を祈願した。

 4大関は2019年名古屋場所以来。尾車事業部長(元大関琴風)は「どの大関も横綱を狙えると思う。志を高く持って『横綱がいないんだから、俺たちの中から優勝しなきゃ駄目なんだ』という目標を立てて臨んでもらいたい」と奮起を促した。