五輪選手団を優先「おかしな話」 コロナワクチン提供で陸上の新谷

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
陸上の東京五輪テスト大会を前に、オンラインで記者会見する新谷仁美=8日
陸上の東京五輪テスト大会を前に、オンラインで記者会見する新谷仁美=8日

 陸上女子1万メートルで東京五輪代表の新谷仁美(積水化学)は8日、五輪選手団に米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが提供されることに関し「アスリートだけが特別と聞こえてしまっているのは非常に残念」とした上で「五輪選手だけが(優先)というのは、おかしな話。平等に、どの命も守らないといけない」と強調した。

 新谷は「自分が(ワクチンを)打たないことで、他の人に危険が及ぶのであれば打つ」とした一方、副反応を懸念し「正直なところ恐怖もある。打ちたくない気持ちはある」。女子5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)も「(接種は)まだ少し怖い」と語った。