官製談合疑い、県幹部逮捕 北秋田の県道工事で情報漏えいか

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県建設部職員の逮捕を受け、県庁で行われた記者会見で謝罪する佐藤部長(右)と佐々木次長=8日午後8時
県建設部職員の逮捕を受け、県庁で行われた記者会見で謝罪する佐藤部長(右)と佐々木次長=8日午後8時

 秋田県発注工事の入札を巡り、最低制限価格の算出に必要な情報を業者に漏らしたとして、県警は8日、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで県建設部建設政策課政策監(58)を逮捕した。また、入手した情報で落札したとして、公契約関係競売入札妨害の疑いで同市飯島の建設業者の元相談役(71)を逮捕した。

 県警は2人の認否を明らかにしていない。県警は同日午後、県建設部と県北秋田地域振興局などを家宅捜索した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 912 文字 / 残り 708 文字)

秋田の最新ニュース