「真面目で誠実な人が…」 幹部逮捕に動揺広がる県庁

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県建設部幹部の逮捕を受け、県庁で行われた記者会見で謝罪する佐藤部長(右)と佐々木次長=8日午後8時
県建設部幹部の逮捕を受け、県庁で行われた記者会見で謝罪する佐藤部長(右)と佐々木次長=8日午後8時

 道路行政に携わる秋田県幹部が8日、県発注工事の入札で最低制限価格の基礎となる情報を業者に漏らした疑いで逮捕された。緊急会見に臨んだ県幹部は「事案の詳細を把握していない」と困惑をあらわにした。県職員には「信じられない」「考えられない」と動揺が広がった。

 「行政運営に県民から疑念を持たれることになった。心よりおわび申し上げる」

 県が午後8時から急きょ開いた記者会見の冒頭、県建設部建設政策課政策監の上司である県建設部の佐藤秀治部長はこう陳謝し、深々と頭を下げた。

 佐々木寿一次長と共に会見に臨んだ佐藤部長は終始、こわばった表情。手元の紙に目を落としながら「現時点で詳細な事実関係は不明だが、警察の捜査に全面的に協力する。工事発注手続きの透明性、公正さを確保するため業務執行体制をあらためて点検する」と述べた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 926 文字 / 残り 571 文字)

秋田の最新ニュース