官製談合疑いの現場、県発注の標識工事としては大規模

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
逮捕容疑の工事が行われた県道大館能代空港西線の案内標識=北秋田市坊沢
逮捕容疑の工事が行われた県道大館能代空港西線の案内標識=北秋田市坊沢

官製談合疑い、県幹部逮捕 北秋田の県道工事で情報漏えいか

 問題になった工事は、昨年12月13日に開通した日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の一部をなす秋田県道大館能代空港西線(鷹巣西道路)の標識工事で、同種の県発注工事としては大規模の部類だった。

 工事はこの道路のうち、北秋田市坊沢の3・6キロの区間を東西に分けて行われた。いずれも、速度の低減を求めたり目的地への経路を示したりする標識50基前後などを道路に設置する内容。工期は昨年5月29日から11月30日。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 567 文字 / 残り 338 文字)

秋田の最新ニュース