Aコープ撤退の東由利「ぷれっそ」、新たなスーパー出店へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新たにスーパーの出店が決まり、シャッターには開店を知らせる紙が張られている
新たにスーパーの出店が決まり、シャッターには開店を知らせる紙が張られている

 地元唯一のスーパーが3月で撤退した秋田県由利本荘市東由利地域に、美郷町の「ミサトフーズ」(■森吉裕社長)が経営するスーパー「アックスフーズマート」が進出することが決まった。撤退したスーパーと同じ場所で7月の開業を予定。「地域に愛される店を目指したい」としている。

 ミサトフーズは2004年の創業。美郷町六郷と横手市のJR横手駅前で「アックスフーズマート」を経営している。東由利での出店場所は、道の駅東由利のショッピングセンター「ふれあいプラザぷれっそ」内。肉や魚、青果などの生鮮食品をはじめ、総菜や酒、日用品など幅広い商品を扱う予定だ。

 ぷれっそでは1997年からジェイエイ秋田しんせいサービス(由利本荘市)が経営するスーパー「Aコープ」が営業していたが、赤字が続いて収益の改善が見込めないとして昨年、撤退を発表した。

※■は「桧」の旧字体

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 837 文字 / 残り 466 文字)

秋田の最新ニュース