秋田北鷹、湯沢翔北、明桜が優勝 春季高校野球地区大会

会員向け記事
お気に入りに登録

 春季高校野球地区大会は9日、3地区で決勝、2地区で代表決定戦を行った。県北は秋田北鷹が大館鳳鳴に競り勝ち、県南は湯沢翔北が角館に逆転サヨナラ勝ちし、ともに初優勝を飾った。中央は明桜が由利を破って2年ぶり12度目の優勝を果たした。

春季高校野球2021特集ページへ

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 323 文字 / 残り 192 文字)

秋田の最新ニュース