県内感染者の6割が秋田市 4月以降増加、高齢者も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は9日、県内の新型コロナウイルスの感染状況を明らかにした。昨年から今月8日までに確認された感染者は秋田市が全体の約6割と突出して多い。年代別では20代、30代が中心だが、高齢者施設でのクラスター(感染者集団)発生により60代以上も増えている。

新型コロナに関する記事一覧です

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 681 文字 / 残り 540 文字)

秋田の最新ニュース