「やばいやつじゃないですか?」 コンビニ店員が詐欺防ぐ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
感謝状を受け取る黒田さん(左)
感謝状を受け取る黒田さん(左)

 コンビニで電子マネーを購入した客に声を掛けて特殊詐欺被害を防いだとして、秋田県大館市のセブン―イレブン大館大田面店で働く小野あかねさん(30)と黒田恵さん(31)が大館署から感謝状を受け取った。

 署などによると、先月15日午前、来店した60代男性が電子マネー35万円分を7分割して購入。レジで接客した小野さんは、電子マネーに絡む詐欺被害が多発していることを受けて用途を尋ねたが、男性は「いいから早くちょうだい」とせかした。

 隣のレジを担当していた黒田さんは、そばの機械から電子マネーのチケットが次々と発券されるのを見て詐欺被害を疑い「お父さん、これ、やばいやつじゃないですか?」と、購入を止めに入った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 663 文字 / 残り 361 文字)

同じジャンルのニュース