いぶりがっこ、ポストから送れます! 角館・安藤醸造が販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「うすぎりいぶりがっこ」のパッケージ。中央が裏面で宛先やメッセージを記入する欄がある
「うすぎりいぶりがっこ」のパッケージ。中央が裏面で宛先やメッセージを記入する欄がある

 秋田県仙北市角館町のみそ・しょうゆ製造「安藤醸造」は、切手を貼るとそのまま郵便で送ることができる「うすぎりいぶりがっこ」を販売している。安藤雄介専務は「旅先から絵はがきを送るような感覚で楽しんでほしい」と話している。

 新型コロナウイルスの影響で旅行を控える人が多い中、手軽に土産として送れる商品として考案。パッケージは長方形の封筒形で、表面には角館の桜を描いた。

 中には食べやすいよう薄くスライスしたいぶりがっこ80グラムの真空パックが入っている。パッケージ裏面には宛先や送り主、短いメッセージを書き込む欄を設けた。140円分の切手を貼って封をすれば、郵便で送ることができるという。

 540円。仙北市角館町の安藤醸造3店舗とオンラインショップで販売している。 

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 376 文字 / 残り 45 文字)

秋田の最新ニュース