自社栽培のブルーベリー使用 運送会社がアイス発売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
末広運輸サービスが発売したブルーベリーミルクアイス
末広運輸サービスが発売したブルーベリーミルクアイス

 秋田県大仙市福田町の運送会社・末広運輸サービス(佐藤広徳社長)は、自社で栽培したブルーベリーを使った「ブルーベリーミルクアイス」を発売した。美郷町の「道の駅美郷」で販売している。1個280円。

 アイスの製造は県産品販売などを手掛けるノリット・ジャポン(秋田市)に依頼し、500個を製造。1日に発売した。すりつぶしたブルーベリーの実を混ぜ、甘みもありながらすっきりとした後味に仕上げたという。

 末広運輸は2018年春、会社敷地の隣にある休耕田を活用してブルーベリー栽培に乗り出した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 543 文字 / 残り 302 文字)

秋田の最新ニュース