秋田市の主催行事、5月は中止 竿燈開催可否は月末に判断

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する穂積市長=秋田市役所
記者会見する穂積市長=秋田市役所

 秋田県が新型コロナウイルスに関する独自警戒レベルを秋田市について5段階中の「4」に引き上げたのを受け、市は10日、5月中の市主催行事を中止または延期すると発表した。学校での感染拡大を防ぐため、市内の全教職員に抗原検査キットを配布する方針も明らかにした。

 穂積志市長が同日、記者会見で発表した。

 現段階で中止・延期する方針のイベントは、防火管理者講習会や市内への移住者を対象とした交流行事など約30行事。11日以降、対象行事を取りまとめて公表する方針。民間のイベントについては一律の基準を設けず、開催する場合は感染対策を徹底するよう呼び掛ける。

 8月の秋田竿燈まつりについては、秋田市や全国の感染状況を踏まえ、5月末に開催の可否を判断する考えを改めて示した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 809 文字 / 残り 480 文字)

秋田の最新ニュース