高齢者接種、各地で本格化 ワクチンの大量配送を開始

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける高齢者=10日午前、山口県周南市
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける高齢者=10日午前、山口県周南市

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種事業が10日、各地で本格化した。今週以降、全市区町村に向けてワクチンが大量配送される。4月12日に地域、ワクチンともに限定され始まった同事業は、十分な供給を受けた全面的な実施へと局面が移る。感染の「第4波」が続く中、政府は高齢者分の7月末完了を目指し事業を加速させていく。

 山口県周南市は10日午前、ショッピングモール「イオンタウン周南」の空き店舗を利用し、新たに集団接種を開始。緊急事態宣言が発令中の兵庫県では神戸市が午後、区役所などで初めて集団接種に当たる。

 厚労省によると、10日は約120自治体で事業が始まる。