EU、アストラ社に追加注文せず コロナワクチン、6月以降

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アストラゼネカのロゴを背景に「新型コロナウイルスのワクチン」のラベルが貼られた瓶(ロイター=共同)
アストラゼネカのロゴを背景に「新型コロナウイルスのワクチン」のラベルが貼られた瓶(ロイター=共同)

 【パリ共同】欧州連合(EU)のブルトン欧州委員(域内市場担当)は9日、EUによる新型コロナワクチンの調達で、供給遅れやワクチンの副反応が問題となった英製薬大手アストラゼネカに対し「6月以降の追加注文をしなかった」と明らかにした。フランス公共ラジオの番組でインタビューに答えた。

 欧州委員会はEU27カ国を代表して各社とワクチンの共同調達契約を結んでいる。ブルトン氏は、EUが今後のアストラ社からの調達については「どうなるか見てみよう」と述べ、可能性に含みを持たせた。

 同社のワクチンは接種後の血栓などの重症例が報告され、デンマークが使用を中止するなどした。