京アニ社員の絵本を自費出版 「胸の内で生き続けて」と家族

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大村勇貴さんの家族が自費出版した絵本「うーちゃんのまつざき」
大村勇貴さんの家族が自費出版した絵本「うーちゃんのまつざき」

 2019年の京都アニメーション放火殺人事件で亡くなった社員の大村勇貴さん=当時(23)=が大学時代に描いた絵本を家族が自費出版。「皆様に愛され語り継がれて、胸の内に息子が生き続けることが願い」。手紙とともに物語の舞台、静岡県松崎町に寄贈された。

 題名は「うーちゃんのまつざき」。子どもの主人公うーちゃんが祖母の暮らす松崎町を訪れ、駿河湾を望む棚田などを動物やかかしと冒険。静岡県出身の大村さんが、地元の人に取材を重ねて描き上げた。

 絵本は事件後、大村さんをしのぶ作品展に展示されたり、田んぼアートの絵柄にもなったりして関心を集め、出版を望む声が広がっていた。

全国の最新ニュース