カーリング吉田夕・松村組が意欲 北京冬季五輪の出場枠目指す

お気に入りに登録

 来年の北京冬季五輪の出場枠獲得を目指し、カーリング混合ダブルスの世界選手権(17日開幕・英アバディーン)に日本代表として出場する吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)松村雄太(コンサドーレ)組が10日、オンラインで記者会見し、吉田夕は「たくさんの収穫を得たい」と語り、松村は「1次リーグを突破できるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

 2月の日本選手権で優勝後、松村は男子世界選手権、吉田夕は国際大会に出場。約1週間前から長野県で練習試合を組んで調整した。

 五輪開催国の中国を除く上位7チームが出場権を得る。