男鹿みなと市民病院、新規の受け入れ休止 看護師がコロナ感染

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県男鹿市の男鹿みなと市民病院は11日、同院の看護師1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。外来診療は予約済みの患者に限り、新規の外来や救急、入院患者の受け入れ、手術は当面の間休止する。

 病院によると、看護師は休日だった9日に38度台の発熱があり、10日にPCR検査を受けて陽性が判明。現在は頭痛の症状のみで自宅待機している。直近では6、7の両日に勤務した。県外との往来はなく、感染経路は分かっていない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 548 文字 / 残り 341 文字)

秋田の最新ニュース