春季中学県大会を中止、県中体連 コロナ感染者数の増加受け

会員向け記事
お気に入りに登録

 11日に開かれた秋田県中体連の臨時代議員会で、今月15、16日を主会期として県内各地で開催を予定していた春季中学県大会の中止を決めた。県内で新型コロナウイルスの感染者数が増加しており、安全な大会運営ができないと判断した。会議には各郡市の代表13人がオンラインで出席した。

 県中体連では大会の開催可否の基準を定めており、そのうち「大会関係者の健康安全の確保が十分見込める」という項目について、県内で新型コロナの感染者が増加し続けている現状では、対策が難しくなっていることなどから判断した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 544 文字 / 残り 300 文字)

秋田の最新ニュース