福島の工場で爆発、4人けが 化学品を製造

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
黒煙が上がる堺化学工業の湯本工場=11日午前8時58分、福島県いわき市
黒煙が上がる堺化学工業の湯本工場=11日午前8時58分、福島県いわき市

 11日午前7時45分ごろ、福島県いわき市常磐岩ケ岡町の化学品メーカー「堺化学工業」湯本工場で爆発があり、煙が出ていると付近住民から119番があった。いわき市消防本部などによると、4人がけがを負い、病院に搬送されたが、いずれも意識はある。

 有毒ガス発生の懸念から同市は一時、周辺の住民に屋内退避を呼び掛けたが、大気測定の結果、有毒ガスは確認されなかった。市によると、4人のうち3人はやけどで、1人は重症。別の1人は軽いけが。

 同社によると、同工場では、化粧品や塗料などの材料にも使われる酸化亜鉛や亜鉛の粉末などを製造している。