感染対策徹底で混乱なし、無観客は… 五輪・陸上テスト大会

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
無観客で行われた陸上の東京五輪テスト大会=9日、国立競技場
無観客で行われた陸上の東京五輪テスト大会=9日、国立競技場

 東京五輪のメインスタジアムとなる国立競技場で9日に行われた陸上のテスト大会は、選手350人を含む約2千人が参加し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って無観客で行われた。男子100メートルのジャスティン・ガトリン選手(米国)ら海外の有力選手も出場。検温や消毒、動線の分離など本番を想定したさまざまな感染対策を講じ、大きな混乱なく終了した。

 東京2020組織委員会の主催。海外から入国した選手は9人で、報道陣も国内外から集まった。ボランティア320人を含むスタッフは1600人超。観客の有無以外は「限りなく本番に近い形」(組織委担当者)での開催となった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1155 文字 / 残り 879 文字)

秋田の最新ニュース