地方点描:絵どうろう[湯沢支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 子どもの頃、毎年のように家族で見物していた。湯沢市の七夕絵どうろうまつり。夜の市中心部を美人画が幻想的に彩っていたのを覚えている。暗くなってから出掛けても許される特別な夜。成り立ちや意義に関する知識はなかったが、非日常の空間が楽しかった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない中、まつりは昨年に続き中止が決まった。来場者の人数や連絡先の把握などが困難なためだ。湯沢市は宮城、山形両県と接しており、大型連休中も両県はもとより、品川や足立、川口といった県外ナンバーの車を多く見た。まつりが感染拡大の場となる可能性をはらんでおり、中止の判断をせざるを得なかった関係者の無念さは想像に難くない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 651 文字 / 残り 355 文字)

秋田の最新ニュース