目指すは「全県一の骨董市」 美郷町六郷で開業へ準備着々

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本オープンを間近に控えた「美郷骨董美遊時庵」。土人形などの骨董品販売は始めている
本オープンを間近に控えた「美郷骨董美遊時庵」。土人形などの骨董品販売は始めている

 骨董(こっとう)品や民芸品の展示・委託販売を行う「美郷骨董美遊時庵(みゆうじあむ)」(秋田県美郷町六郷)が、本格開業に向け準備を進めている。現在は販売スペースのみ仮開業しており、今後は展示部分を整備して来月までに本オープンする予定。担当者は「全県一の『常設の骨董市』を目指す」と意気込んでいる。

 施設は大仙署美郷交番から県道を挟んで北側にあり、2階建て空き店舗を改装した。大仙市と仙北市で薬局を営む鎌田俊さん(64)ら3人でつくる株式会社ABCが運営。改装には六郷中心部の活性化を進める町の補助金約1100万円を活用した。

 4月下旬に仮開業。全体の約半分のスペースで、土人形などの骨董品や、県内の作家らが手掛けた民芸品を販売している。

 午前9時半~午後4時半。火曜、水曜定休。問い合わせは美郷骨董美遊時庵TEL0187・73・6765

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 750 文字 / 残り 382 文字)

秋田の最新ニュース