地方点描:じゃっぷぅ[能代支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 溶けてじゃぶじゃぶになってもおいしいから「じゃっぷぅ」。いちご味の素朴な甘みはどこか懐かしく、かき氷やシャーベットとは異なるきめ細かな舌触りは新鮮だ。初めて食べてすぐファンになった。

 じゃっぷぅは、能代市二ツ井町で昭和の初めごろから親しまれてきた氷菓。45年ほど前に一度姿を消したが、町内の商店が20年ほど前に復活させた。さらにその商店が店を畳むことになり、「多くの人に味わってもらいたい」と道の駅ふたついに商標と製法を引き継ぎ、先月26日から販売が始まった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 619 文字 / 残り 388 文字)

秋田の最新ニュース