おいしい出合い:「レストランれんげ草」辛味広東麺 癖になるピリ辛味

有料会員向け記事
お気に入りに登録
ピリッとした辛さが人気の辛味広東麺
ピリッとした辛さが人気の辛味広東麺

 横手市雄物川町の日帰り温泉施設・えがおの丘で営業する「レストランれんげ草」の看板メニューは「辛味広東麺」(税込み850円)だ。ピリッとした辛さととろみが絶妙にマッチした味わいは人気があり、食事を目当てに訪れる人もいる。

 こくのあるスープは鶏ガラでだしを取り、しょうゆベースの特製のたれとラー油を混ぜて味を調える。「子どもには少し辛さが強いかもしれないけど、癖になるピリ辛さを目指している」と厨房(ちゅうぼう)スタッフの皆川稔さん(61)。仕上げに片栗粉を投入することでとろみが付くだけでなく、ラー油の膜が表面に浮きにくくなるという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 715 文字 / 残り 448 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース