サイバー分野、防御力を強化 政府、次期戦略の骨子提示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サイバーセキュリティ戦略本部の会合であいさつする加藤官房長官(手前)=13日午前、首相官邸
サイバーセキュリティ戦略本部の会合であいさつする加藤官房長官(手前)=13日午前、首相官邸

 政府は13日、サイバーセキュリティ戦略本部の会合を首相官邸で開き、今後3年間の「次期サイバーセキュリティ戦略」の骨子を提示した。中国、ロシア、北朝鮮の関与が疑われるサイバー攻撃を念頭に、外交・安全保障上のサイバー分野の優先度を高め、防御力強化を図るのが柱。9月に発足するデジタル庁との連携も推進する。新戦略は東京五輪後の閣議決定を目指す。

 骨子はサイバー攻撃について、2019年の外務・防衛担当閣僚協議の成果に言及。中国人民解放軍が関与したとされる国内機関への攻撃事件を例示し「外交や刑事訴追の手段も含め、しかるべく対応する」と厳しい姿勢で臨む方針を明記した。