中田監督、五輪開催可否で要望 判断の「数値目安示して」

お気に入りに登録

 バレーボール女子日本代表の中田久美監督が13日、オンラインで取材に応じ、東京五輪の開催可否が議論されている現状について「(新型コロナウイルス)感染者数が(ある水準よりも)下がれば開催できるとか、下がらなければ難しいとか線引きをもう少し明確にしてもらいたい。現場にもしっかりとした情報、数値的な目安、期限を提示していただけるとありがたい」と語った。

 新型コロナの収束が見通せず「いろいろなご意見があるのは理解できる」とした上で「私たちは、やりますと言われている限りは準備をしないといけない。選手のことを思うと開催してもらいたい」と複雑な心境を述べた。