鈴木五段ら軸に優勝争い 15日から全県選抜将棋

会員向け記事
お気に入りに登録

 第62回全県選抜将棋大会(秋田魁新報社、日本将棋連盟県支部連合会主催)が15、16の両日、秋田市の県JAビルで開かれる。昨年の県内大会の成績を基に選ばれた16人が出場。優勝争いは前回優勝の鈴木勝裕五段(秋田市)と準優勝の佐藤弘康五段(由利本荘市)、昨年の全県将棋大会を制した成田公哉五段(秋田市)を軸に展開しそうだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 735 文字 / 残り 576 文字)

同じジャンルのニュース