全日空476便、日航240便減便 6月の県内発着

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 全日本空輸と日本航空は13日、新型コロナウイルスの影響で需要が減少していることを受け、6月1~30日の秋田県内発着便の減便をそれぞれ発表した。

 全日空は計476便を減便する。秋田空港発着の羽田線は19日は3往復、他の日は2往復となる。大阪線は1日2往復する。名古屋線は13日が2往復、他の日は1往復になる。札幌線と大館能代空港発着の羽田線は1日1往復する。

 日航は秋田空港発着の羽田、大阪、札幌の3路線で計240便を減らす。羽田線と大阪線は1日2往復、札幌線は1日1往復となる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 337 文字 / 残り 97 文字)

秋田の最新ニュース