ザギトワさん、秋田犬の本場・大館へ 「ハチとパルマ」舞台あいさつ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
愛犬マサルのきょうだい「かっちゃん」と再会したザギトワさん=2019年7月、丸善インテックアリーナ大阪(秋田犬保存会・遠藤敬会長提供)
愛犬マサルのきょうだい「かっちゃん」と再会したザギトワさん=2019年7月、丸善インテックアリーナ大阪(秋田犬保存会・遠藤敬会長提供)

 2018年平昌五輪の女子フィギュアスケート金メダリストのアリーナ・ザギトワさん(18)=ロシア=が23日に大館市を訪れることが14日分かった。28日から全国上映されるロシア版忠犬ハチ公がテーマの日ロ共作映画「ハチとパルマの物語」に特別出演しており、市民向け先行上映会で舞台あいさつする。ザギトワさんは五輪後の18年5月、秋田犬保存会(大館市)から雌の秋田犬「マサル」を贈られており、秋田犬の本場・大館への訪問を希望していた。

 映画の製作委員会によると、ザギトワさんはアイスショーの撮影や大館市訪問のため来日する。映画の中では、実在する市観光交流施設「秋田犬の里」のオープニングセレモニーにビデオメッセージで「秋田犬の里を訪れたい」と話すシーンがあり、製作委が招待を企画した。厚生労働省が定める必要な防疫措置に従い、来日メンバーの動線を他と分けるなど新型コロナウイルス対策を徹底するという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 971 文字 / 残り 576 文字)

同じジャンルのニュース