国産手術ロボットを遠隔で実演 距離30キロ、愛知・藤田医大

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
模擬遠隔手術を公開した国産手術支援ロボット「hinotori」=14日午前、愛知県豊明市の藤田医大
模擬遠隔手術を公開した国産手術支援ロボット「hinotori」=14日午前、愛知県豊明市の藤田医大

 愛知県の藤田医大は14日、国産手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を使った模擬遠隔手術を公開した。豊明市の大学施設に設置したロボットを、約30キロ離れた藤田医大岡崎医療センター(岡崎市)で医師が操作。

 両施設は高速の専用回線で結ばれており、離れていてもロボットを時間差なく正確に操作できる。

 実演では藤田医大先端ロボット・内視鏡手術学講座の宇山一朗教授が、今年1月に開所したヒノトリ専用トレーニング施設に置いた胃や周辺臓器の精巧な模型で、胃がんを想定した手術をした。

 宇山教授は「現地で行っているのと同じイメージで手術できる」などと感想を話した。