アマゾン、米で7万5千人雇用 経済正常化進み、マックも1万人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米アマゾン・コムの荷物分配センターで検査をする従業員=2020年11月、ニューヨーク(ロイター=共同)
米アマゾン・コムの荷物分配センターで検査をする従業員=2020年11月、ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米アマゾン・コムは13日、北米で倉庫作業や配送などに当たる従業員7万5千人を新規雇用すると発表した。入社時に一時金として最大で千ドル(約11万円)を支給。既にワクチン接種を済ませている場合は、さらに100ドルを追加する。

 米国ではワクチン接種の拡大で経済の正常化が進んでいる。今後、人手不足が顕著になる可能性があり、アマゾンは採用時の待遇を改善し、人材確保につなげる。米マクドナルドも直営店の従業員を1万人増やす計画だ。

 アマゾンは新規採用者の平均時給も17ドル超に引き上げる。マクドナルドも1万人採用に当たり時給を平均10%引き上げる。