G大阪、社長「改善なく決断」 宮本監督解任で記者会見

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインの記者会見で監督交代の経緯を説明するG大阪の小野忠史社長=14日
オンラインの記者会見で監督交代の経緯を説明するG大阪の小野忠史社長=14日

 成績不振を理由に宮本恒靖監督(44)を解任したJ1のG大阪は14日、オンラインで小野忠史社長(59)が記者会見し「10試合は早いかもしれないが、1勝止まりで課題の得点力も改善が見受けられなかったので決断した。強化部長として一番チーム状況の分かっている松波が適任で、とにかく違うチャレンジをしてほしい」と監督交代の経緯を説明した。

 日本人で経験豊富な後任の選定を急ぐが、連戦が続くため当面は元監督の松波正信強化アカデミー部長(46)が監督を兼務し、同日の練習から指揮を執って、16日のホームでの浦和戦に備えた。