ヤクルト、救援陣粘る 石山10セーブ目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 中日-ヤクルト6回戦(ヤクルト4勝1敗1分、17時45分、バンテリンドームナゴヤ、4740人)

ヤクルト
010100011―4
000000100―1
中日

▽勝 今野15試合2勝
▽S 石山18試合2敗10S
▽敗 勝野7試合3勝3敗
▽三塁打 山崎▽二塁打 オスナ2▽犠打 並木▽暴投 勝野、清水▽与死球 梅野(京田)
▽試合時間 3時間18分

 ヤクルトはサンタナが二回と四回に適時打を放ち、主導権を握った。金久保が三回に打球を受けて降板した後、6人の救援陣が踏ん張った。2番手今野が2勝目。10安打の中日は13残塁の拙攻が響き、1点のみ。借金は6に増えた。

秋田の最新ニュース