白金運輸、鹿角に新拠点 交通網評価、24年春操業へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市役所で会見した海鋒社長(左)と児玉市長
市役所で会見した海鋒社長(左)と児玉市長

 秋田県鹿角市は14日、十和田末広の市産業団地に物流・倉庫業の白金運輸(岩手県奥州市)が進出すると発表した。白金運輸は東北自動車道・十和田インターチェンジ(IC)に近い立地条件を生かし、2024年春までに新たな配送拠点を整備する。2・4ヘクタールの産業団地はこれで全区画が埋まった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 606 文字 / 残り 465 文字)

秋田の最新ニュース