DOWA増収増益、3月期連結決算 金属価格上昇追い風に

会員向け記事
お気に入りに登録

 非鉄大手のDOWAホールディングス(東京、関口明社長)は14日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高は前期比21・2%増の5880億300万円、営業利益は44・3%増の374億5400万円、純利益は25・5%増の218億2400万円で、2年連続の増収増益だった。金、銀、白金族などの貴金属や亜鉛、銅などの平均価格が上昇したほか、自動車生産台数が回復基調にあることが影響した。

 事業分野別では、電子材料部門の売上高が54%増の1512億4千万円で、営業利益は133・2%増の24億7200万円。DOWAセミコンダクター秋田(秋田市)が生産する医療機器用発光ダイオード(LED)の販売が増えたほか、新エネルギー市場の拡大により、太陽光パネルに使用される銀粉の販売が堅調に推移した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 416 文字)

秋田の最新ニュース