ロのハッカー集団、活動停止か 名前変えて継続の恐れ

お気に入りに登録

 【ワシントン共同】米メディアは14日、米のパイプラインにサイバー攻撃を仕掛けたとされるロシア系のハッカー集団「ダークサイド」がハッカーらに活動停止を通知したと報じた。捜査機関の対抗措置や米国の圧力を理由に挙げたという。ただ捜査機関の目を逃れるのが目的で、名前を変えて活動を継続する恐れがあるとの見方も強まっている。

 ブルームバーグ通信が伝えた専門家の話によると、ダークサイドは決済サービスやブログにアクセスできなくなったと通知し、ウェブサイトも機能していないという。

 ただ、ブルームバーグは「ブランドを変えようとしているのだろう」との専門家の分析を紹介した。