社民県連新代表に石川県議 次期衆院選「野党共闘変わらず」

会員向け記事
お気に入りに登録

 社民党秋田県連大会が15日、秋田市の県連事務所で開かれ、新たな代表に石川ひとみ県議(70)を選出した。副代表に今野英元・由利本荘市議(73)、幹事長に伊藤正通・元県平和労組会議議長(69)を選んだ。任期は1年。

石川ひとみ代表

今野英元副代表

伊藤正通幹事長

 立憲民主党への合流を巡って社民県連が分裂し、大量の離党者が出た後、初の県連大会。約20人が出席し、石川氏は「大変残念でならないが、県連の解散を阻止し、こうして新しいスタートを切ることができた。思いを一つに、未来に向けて進んでいこう」とあいさつした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 669 文字 / 残り 438 文字)

秋田の最新ニュース